プラセンタにしか含まれていない成長因子とは?

プラセンタが美容や健康などのアンチエイジングに効果が期待できると言われているのは、他の美容成分には含まれておらず、プラセンタにしか含まれていない成長因子にあると言えます。

 

成長因子(グロスファクター)は人の体の中で作られているタンパク質の一種で、摂取することによって体の中の細胞自体が新しく生まれ変わるのが促されるため、新陳代謝がよくなり、体質が改善されたり、アンチエイジングの効果などが期待できます。

 

人の体が老化していく原因には、人の体を成長させ肌の細胞や身体のさまざまな器官の修復や再生をしたりなどの健康を維持するヒト成長ホルモンが、20代後半から減少していき老化現象が始まるからと言われています。

 

この減少していくヒト成長ホルモンを活性化させて、老化現象を遅らせることが期待できるのが成長因子なのです。

 

成長因子にはいろいろな種類があり、その1つ1つがそれぞれの役割を持って補いあうことで、細胞分裂をするスイッチのような働きをします。

 

成長因子にはどんな種類があるの?

EGF(上皮細胞増殖因子)
表皮細胞が増殖しターンオーバーが促され、肌のシミ・くすみ・ごわつきなど、肌のキメが整うことが期待できる

 

FGF(線維芽細胞増殖因子))
線維芽細胞が増殖し、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・SOD(抗酸化物質)などが活性化することで、肌のシワやたるみなどの改善が期待できる

 

HGF(肝細胞増殖因子)
皮膚や臓器にできた傷の部分の細胞の増殖・修復・再生を促してくれ、肝細胞を活性化させてアルコールやウィルスなどでダメージを受けた肝機能の改善が期待できる

 

NGF(神経細胞増殖因子)
知覚神経細胞や交感細胞の増殖を促し、自律神経やホルモンバランスを整え、更年期障害やうつ病などの症状の緩和に効果が期待できる

 

IGF(インスリン様成長因子)
体内の損傷してしまった細胞を再生させ、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を促すため、肌のしわやたるみの改善、軟骨細胞を増殖させ関節痛の改善も期待できる

 

CSF(コロニー形成刺激因子)・インターロイキン
白血球の幹細胞の増殖を促して、体の免疫力を向上させ自然治癒力を高めて、病気などにかかりにくくする効果が期待できる

 

このように、成長因子にはさまざまな種類のものがあり、再生や修復力などの高さから、更年期障害や肝機能障害などの医療機関でもプラセンタは使用もされています。

 

しかし、成長因子はもともとは体内で作られているのですが、10歳ごろになると減少し始め、20歳を過ぎるころには急減に減少してしまいます。

 

そして、30歳を過ぎると体を老化させる原因になってしまう活性酸素から細胞を守るためにある、抗酸化物質であるSOD酵素も減少してしまうこともあり、体の老化現象が始まってしまうのです。
肌のハリがなくなってきたり、肌のターンオーバーが遅れることによる肌のくすみやごわつき、皮膚の傷あとが残ってしまうのは、成長因子の生成量が減少してきていることが関係しているのです。

 

成長因子を含んだプラセンタでアンチエイジング

プラセンタに含まれている成長因子によって体の細胞が活性化すると、新陳代謝がよくなり古い細胞が新しい細胞へと生まれかわるため、体の内側から健康になることが期待できます。

 

プラセンタの成長因子の効果は、プラセンタの含有量が多ければ多いほど感じることができるため、高純度・高品質・安全性が高い馬プラセンタサプリをおすすめします。

 

サプリメントは即効性はありませんが、毎日きちんと摂取することによって、プラセンタの効果をしっかりと感じることが期待できます。

 

プラセンタの効果でアンチエイジングをして、若々しく美しい女性でいたいですね。